ブログ

こんな戸建は今すぐ手放した方がいい!

熊本にも昔建てた家に住んでいる方もおおくいますよね。

熊本大震災の恐怖を経験して、造りがしっかりした新しい家に移りたいと思う人や新築したいと考えている方も多いと思います。

昔の家ほど耐震性がなかったりするのでそう考えるのも当然といえます。

そこで今回は手放した方がいいと思われる物件について考えてみたいと思います。

 

まず、一番に挙げられるのが旧耐震基準の戸建住宅です。

新しい耐震基準(1981年6月1日)よりも前に建築確認を受けて建てられている戸建はなんといっても危険だし市場価値も低いとされます。

補強するためにも多額の金額がかかるので、それならば新しい家に移った方がいいと考えますよね。

住宅ローンの事を考えても住宅ローンを受けにくくなると言われていますので、新しく家を買いたいと思われるのであれば早めに売却を進めた方がよいとされます。

災害ハザードマップ等もありますので自分の住んでいる家を調べて被災リスクに合う可能性が高いと考えられる場所も手放した方がいいともいえます。

ただ被災リスクが大きい所はそれだけ売却しづらいのでそこは考慮しておきましょう。

次に違反建築の建物です。

家を建てる際には必ず建築確認を受けること事が必須です。

建物を建てた後には完了検査をして、指定通りに建てた事を証明するものとして検査済証を取得しなければなりません。

現在は、検査済証がないと新築したいと思っても住宅ローンが受けられない場合が多いのでほとんどの物件で検査済証が取得されています。

しかし、昔は検査済証がなくても住宅ローンを組むことができたため、取得していない人も多くいました。

現在においては建築基準違反の物件は住宅ローンが借りづらくなっており、今後も厳しさは増していくとが考えられます。

ですから違反建築の物件をもしもっているのであれば、できるだけ早急に売却する事を検討したほうがいいでしょうね。

 

みなさんいかがでしたか?

自分で調べたいけどよくわからないという方がいましたら、遠慮なくジョイホームにお問い合わせしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る