ブログ

バリアフリーについて知っておきたいこと

ジョイホームでは熊本で住居を購入される方にバリアフリーについて知っておきたいことをご報告しています。

住居のバリアフリーは高齢化社会とともに認知度が広がり、急速に浸透しています。
住居のバリアフリー化は障がい者だけでなく、高齢者や子供、健常者にとっても安全で使い勝手が良いですので、ユニバーサルデザインという言葉が適切かもしれません。

バリアフリーとは?と聞かれると、的確な返答をするのは難しいものです。
なぜなら運動機能や障害の程度により、必要とされるバリアフリーの内容が異なってくるからです。

一般的には床の段差をなくすことや手すりをつけるということですが、それらだけではすべての人にやさしい住居にはなりません。

例えば高い所に手が届かない人にとっては、スイッチ類は低い位置になければ不便で、フローリングは滑りやすかったりして危険だと言えるでしょう。

バリアフリーについては細部にわたり、詳細な決め事を作りすぎたら、バリアフリー住居の普及を阻害するということもありえますので、大きなくくりで安全性や使い勝手を高めて、あとはケースバイケースで対応すべきという考え方が良いと言えます。

「段差をなくすには”たたき”もあがり框も平らにするのが良い」という考えが一時期はやりましたが、これは行き過ぎたバリアフリー化の一つと言えます。
むやみに新しいものに飛びついたり、設備や機器を導入するのは、大きなお金がかかりますし、いったん作ってしまうと簡単には元にも戻せません。
頭の中でだけで考えたバリアフリーは失敗を招きがちですので、基本だけは押さえつつ、我が家にとってのバリアフリーを慎重に検討されたほうが良いでしょう。

その他にも自治体が住居のバリアフリー化を促す施策を取り始めていますので、自治体の助成制度も確認されると良いでしょう。

ジョイホームでは熊本で住居を購入される方にバリアフリーについて知っておきたいことをご報告しているので是非ご連絡を。

関連記事

ページ上部へ戻る