ブログ

住宅ローンの返済方は変動金利型がいいの?それとも固定金利型がいいの?

住宅ローンの貸し手はさまざまあります。

熊本でも銀行や信用金庫や信用組合それにJA(農協)などありますよね。

住宅ローンを組む時にお客様が心配されることの多くはどの住宅ローンを選べば自分にとってお得なのかということです。

ジョイホームに相談に来られたお客様の中でもよく聞く悩みの一つです。

変動金利と固定金利の住宅ローンが混同して迷われています。

フラット35などの全期間固定金利住宅ローンであれば、借入時に払わなければならない全ての金額が分かります。

例をあげると2500万円、金利1.37%で35年返済であれば途中で何も変更をしなければ3149万円の返済額になることは決まっています。

金利が固定されている分返済計画が立てやすく子供がまだ小さかったり家計にゆとりがあまりないという人にはメリットはありますが、変動型金利ローンに比べて金利が多少高く設定されており世の中の金利が下がると損したなんていいて言うひともいます。

しかし、変動金利や固定期間選択型の住宅ローンの場合には、景気などに左右され金利の変動が見られます。

変動金利型の場合には同時期の「固定金利型」に比べれば金利が低く設定されていますが、景気がよくなると金利が上昇し結果、返済額が増えて困るという人もいるんですよね。

金利がいつどのくらいになるのかなんて予想はできますが断定なんてできないんです。

フラット35の場合と違って、2500万円の借入をしたら3149万以上になるか以下になるかなんてはっきりしません。

住宅ローンの返済が無事に終了した後に初めてどの選択がよかったのかが分かるものなんですね。

 

ジョイホームではそういったご相談が来た際にはそれぞれの良しあしを丁寧に伝えていきたいと考えています。

その上でお客様の生活状況をよく聞き真摯に対応・提案をさせていただくことを大事にしています。

どんなささいなことでも構いません、ご気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る