ブログ

土地・建物購入で申込金を払って、後日キャンセルした場合は?

土地・建物購入で申込金を払って、後日キャンセルした場合は申込金を返還してもらえますか?という質問が、熊本の不動産ジョイホームに届きましたのでお応えいたします。

結論から言いますと、解釈及び運用の考え方として、「預り金はいかなる理由があってもいったん返還すべきものである」言われています。

具体的に言いますと、宅建業法の規定のなかに、契約の申込みの撤回を受けたときに「預り金」の返還を拒むことはできない!と記載されています。

不動産業者は、「申込金を返還しない」と言っただけで宅建業法違反になります。

例えば、中古マンションなどをチラシや新聞を見て、熊本でも頻繁に行っていますが、オープンルームを見に行くとします。

そこで気に入った物件を見つけたときに、不動産業者の方から「この中古マンションは人気なので希望する人が他にもいるので、申込書と申込金を20万円必要!」などと言われた場合です。

このまま契約まですれば何の問題もありませんが、万一他の物件でいいのを見つけた場合や、やっぱり申込金は払ったけどキャンセルしたい場合などです。

金額の大小問わず、いかなる理由があっても業者は、お客様に返還しなければいけないのです。

この申込金は、手付金に振り替えられたなどの理由はまったく通用しませんので、初めて不動産を買う方は土地・建物を購入し申込金は払ったけどキャンセルしたい!というケースがあるかもしれないので、覚えておいたほうがよいですよね。

また、このような書類にキャンセルの場合は返金しません!などの文言が書いてあった場合は、まったく効力を生じませんので、そのような記述があった場合もご注意ください。

関連記事

ページ上部へ戻る