ブログ

地震以来そのままの土地、とんでもないことになるかもしれません。

昨年の地震以来、そのままになっている土地、建物はございませんか?
熊本地震からもうすぐ一年たとうとしております。この街は着実に復興の道を歩いていますが、熊本の不動産に関して、特に土地を探している方々からは、「家を建てる土地を買いたいのに土地がない!」というお話を本当に多く聞いております。
それまで一軒家に住まわれていた方々としては、ひとまずアパートやマンションに住んでみたけれど、「今までとは勝手が違う。」「マンション固有のルールなどに戸惑って、いまいち満足のいく住まいではない。」などなど思われる方が多いそうです。
ご自身でもネットや新聞広告など色々と探してはおられるかたも多いと思いますが、なぜ、新しく買える土地がないのか?疑問に思われているかと思います。
土地がない理由の一つとして、地震で建物が崩壊などして住める状態ではないまま、放置された状態の土地、建物が未だ多く存在しているからというものがあります。
その土地、建物の持ち主の方も、売れるかどうかも分からない土地建物にわざわざお金をかけるほど余裕がないのが現状だと思われます。
今まで所有されていた持ち主の方々からするとたいしたことのない土地かもしれませんが、
今現在、家を建てたくて、一戸建てに住みたくてしょうがない方には、ノドから手が出るほど欲しい土地だったりするかもしれないのです。
その地震以来そのままになっている土地や建物をお持ちの方、どうしようかお悩みの方、ぜひ一度、熊本の不動産ジョイホームへご連絡をよろしくお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る