ブログ

家族で決める、最適の住宅プラン

ジョイホームでは熊本で住宅をお探しの方に、家族構成にあった最適の住宅プランを立てる上で、どのような点に注目すべきかをご報告しています。

家族構成がそれぞれある中で、各々の現状、また未来の家族構成に見合った建物の構造、収納などを想定しておかなければ、後々何階建てにしておけばよかった・・部屋数がもっとあるようにしておけばよかった・・収納がもっとあればよかった・・・など後悔してしまうこともあるかもしれません。

購入をする前に家族の将来も見据えつつ、快適に過ごせるであろうと思われる、住宅プランを立てておいたほうが良いでしょう。

まずは建てる住居の平屋、2階建て、3階建てと階数を想定すべきです。

平屋は「災害の際に安全」「設計が自由である」「自然との一体感を感じられる」「動線がシンプルでよい」等々、多くメリットを挙げられます。

2階建ては「眺めが良い」「プライバシーを保てる」などのメリットがあり、設計力が目覚ましい進化をとげていて、住宅にステータス感を感じられるようにもなっています。

3階建てはもっと土地を利用する手立てはないかという要望から、誕生しましたが、地面に対しての重さがかかってくるので、地盤の強度や構造が「きちんとした計算に基づいていないと危険」でありますが、「プライベートスペースが確保できる」「眺め・採光が得られる」というメリットがありますが、その安全性がきちんと確保されているのか?をよく確認しましょう。

次に家族構成で異なってくる間取り選びをしましょう。

親と同居となる条件の場合はお互いのプライバシーは可能な限り確保できるような間取りにしておいたほうが良いと思われます。
団らんの場所以外では交わらないで済むというのが望ましいと言えるでしょう。

子供が大きい場合も子供のプライバシーに配慮する間取りにする必要がありますが、ふれあいの場所は必ず確保しておくことが大事です。

収納は大まかに家の床面積の1割くらいとり、合理的な配置がしてあれば良いでしょう。

ジョイホームでは熊本で住宅をお探しの方に家族構成にあった最適の住宅プランを提案しますので、ぜひご相談を。

関連記事

ページ上部へ戻る