ブログ

年収400万の方が家を購入したいと思ったら。

熊本でもマイホーム購入を考えているのだけれども今の収入で長い年月をかけて住宅ローンを返済していけるのかが不安という悩みは昔からよく聞きます。

ジョイホームで会ったお客様の中にも「世帯年収が400万程度なんだけれどもどうしても家が欲しい。」と言われた方がいました。

「年収400万だといくらの物件ならば購入できるのだろうか。」とか「相場を知りたい。」という人に向けて情報をお届けしたいと思います。

家を買う時にはまず物件の情報収集と同時に資金計画も考えていいかなければなりません。

自己資金や金利なども踏まえて検討していく必要がありそうです。

大事なことは「いくら借りれるのか。」ではなくて「いくらまでなら返していけるのか。」を重視することだと言われています。

家を購入する際に必要な費用は住宅ローン借入額+頭金+諸経費となっています。

返済する住宅ローンの金額は年収の25%までが一番理想だとされています。

借り入れを検討中で世帯収入が400万円で返済比率が25%の場合で考えてみると、もしも返済年数を30年とすれば約1850万円です。

返済年数を35年にした場合には約2000万円が借りられる計算となります。

中にはもっと借り入れができるケースもありますが、家計の経済を圧迫してしまう恐れも考えられるため慎重に選択をしていくことが求められます。

貯蓄がありそれを頭金にまわせば先々の返済がいくらか楽になるとお考えの方もおられるようですが、すべてを家購入の頭金にまわすというのは危険です。

将来的にかかるであろう子供の養育費や親の介護費用で思わぬ出費を余儀なくされるという事も考えられるからです。

月々の返済額は少しかさむかもしれませんが手元にいくらかのお金を残しておくことは重要といえそうです。

住宅ローンを組もうとお考えの方の中でも一番の悩みは生活様式が変わって返済が難しくなっていくケースです。

世帯収入400万円(夫300万 妻100万)の時に家を購入したとしても、その後に妻が出産して育児に専念しなければならない状況になり退職にすることになったらどうなるでしょう?

共働きの時には精一杯頑張ってできた返済だったとしたら、妻の収入がなくなった分返済に苦労するのは当然ですよね。

ライフスタイルの変化も考慮して返済にはできるだけ長い期間を設けた方がよさそうですね。

熊本在住でマイホームがほしい!と強く思っている方も、こうして具体的な資金計画を立ててみることでより現実的に考えることができた方もおられるのではないでしょうか?

ジョイホームでもお客様の生活が苦しくならないように生活と返済のバランスを共に考えたご提案をしていきたいと考えています。

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る