ブログ

新築と中古のメリット、デメリット

ジョイホームでは熊本で住居を購入される方に新築と中古のメリット、デメリットについてのご報告をしています。

中古の住居は安いからと安易に飛びつかないで、お買い得かどうかを確認することが大事です。

新築は構造、材料、間取りまですべてを自分の思うままにできて、新品なので「キレイ」という利点があります。
中古は自分の思い通りにはできてはいなくて、ある程度汚れていますが、「安い」という利点があります。
そのどちらかをとるかは購入者の考え方次第と言えますが、家いう機能だけに注目すれば、中古でも十分と言えるでしょう。

中古家屋の価格は、価格査定マニュアルによって決定され、おおよその目安があり、1年経ると価格が大きく落ちて、新築時に坪単位50万円程度だった家なら、1年で坪40万円前後に下がります。
40坪2000万円の家なら1年で1600万円になる計算です。

家というものは10年が経過していても、大概の場合住むには十分と言えます。
しかし、そろそろ修繕にお金が必要になってくる頃です。

1981年には建築基準法が大きく改正されたので、旧法に基づいて作られている家屋の場合は、現在のレベルの家にリフォームをしようとするならば、補修費は高くつく場合が多いので、注意が必要と言えます。

キレイさにこだわりを持つなら新築、適切な理由があるならば中古を視野に入れておきましょう。

ジョイホームでは熊本で住居を購入される方に新築と中古のメリット、デメリットについてのご報告をしていますので、ぜひご連絡を。

 

関連記事

ページ上部へ戻る