ブログ

熊本で不動産の空き家の売却を検討されている方はジョイホームへ

熊本県内・熊本市内で空き家の売却を検討されている方はジョイホームへご連絡ください。

こんにちは。「ぽんぽんです」

今日のNHKで放送されたクローズアップ現代をご覧になった方はいらっしゃいますでしょうか?

不動産業をはじめてまだ半年しかたちませんが、身をもって感じてきたことがテレビで取り上げられていました。

その内容とは、需要と供給とのバランス関係が崩れ、賃貸の空き家・空き室の供給のほうが、アパートの新築物件の着工がかなりの割合で増えているそうです。

それも、全国的に見て現在も5件に1件は空き部屋にもかかわらず、新築の物件が建てられているそうです。

理由といたしましては、簡単に申しますと、

  • 契約内容をはっきり理解せずに、一括借り上げ方式のサブリース「30年間家賃保証」という形式でアパートを建てる人が増えている
  • 節税対策という言葉をうのみにしてしまう
  • 土地活用をすると年金代わりになる

など

不動産業者の当社が言うのもなんですが、やはりきちんとお客様の目線に立ってお客様のことを考え、時には厳しいこともいう業者とお付き合いすることが長い目で見たらよいのではないかと、実に勉強になる番組でした。

番組の後半で説明していたのが、当たり前の話ですが、このまま人口減少が進むともっと空き家・空き部屋が増え、大都心や人気の地域以外の賃貸家賃は間違いなく安くなっていくということを不動産コンサルタントの方が言われていました。

間違いなくと断言されたのがちょっと気にもなりましたが、下がる理由といたしましては、人口が少ない集落の公共事業費を賄えないと言われていました。

そういえば、熊本のある地域でも人口が減り、税収も減ったので温泉などの維持管理が出来ないとのことで、温泉供給がストップした地域もあります。

温泉供給がストップするともっとその地域の魅力が低下し、さらに人口が減り、税収も減るという悪循環もあるようです。

話しは変わりますが、実感として4~5年前に銀行ローンの査定をしたが融資が下りなかったという方でも、アベノミクスの影響でしょうか?昨年から今年にかけて職場や環境はさほど4~5年前と変わっていない方でもローンが通ったというお客様に会う機会があります。

右から左にいつでも売却できる場所や地域の土地・建物をお持ちの方は慌てなくてもよいと思いますが、売れるときに売っておけばよかった!ということにならないように、まずは気軽に当社までご相談いただけると全力で対応させていただきます。

人の行く裏に道あり花の山。

熊本で空き家の売却を検討されている方は、是非この機会に当社までご連絡ください。

関連記事

ページ上部へ戻る