ブログ

熊本の土地の価格について考えましょう!

みなさん公的土地評価という言葉を聞いたことはありませんか?

ジョイホームのお客様からも質問があったので答えますね。

公的土地評価には3つ種類があり、それぞれを簡単に紹介していきたいと思います。

 

①地価公示価格(公示価格)

国土交通省が実施するもので、地価公示法に基づき全国3万地点の標準地について1月1日時点での1㎡あたりの価格が公示されているものです。

毎年3月中旬に公表され、土地取引の指標とされています。

またこれと似た制度に「地価調査価格(基準値価格)」と言われるものもありこれは毎年7月1日時点の価格が9月中旬に公表されます。

 

②相続税路線価(路線価)

相続税や贈与税の課税価格を算出するために、国税庁が毎年作成して公表しているものです。税務署で調べることができますし、国税庁のサイトでも公開されています。

 

③固定資産税評価額

固定資産税を課税するための基準となる価格で、市町村に備え付けられている固定資産課税台帳価格の登録価格のことです。

 

そのほか、土地の価格にはこれ以外にも実勢価格と言われるものもあります。これは公的土地評価とは異なり公表されているものではありませんが、国土交通省が運営している「土地総合情報システム」というサイトで実際に行われた不動産の取引価格を調べることができます。

 

最後に補足として地価公示の主な役割を紹介致します。

・一般の土地の取引に対して指標を与えること。

・不動産鑑定評価の基準となること。

・公共事業用地の取得価格算定の基準となること。

 

以上が不動産土地価格に関した情報です。

ジョイホームでは今後もお客様に有意義な情報をお届けしたいと考えています。

 

関連記事

ページ上部へ戻る