ブログ

不動産専門用語の瑕疵(かし)という言葉の意味について質問があったのでお答えします。

最近のニュースではヒアリが話題となり問題視されていますが不動産業界にとって問題となる蟻はシロアリです。

シロアリに関する被害は中古物件を売りに出すときに買主が心配する事の一つでもあります。

ジョイホームではまだその手のクレームはいただいたことはありませんが、熊本の他の不動産会社によっては瑕疵担保責任に問われることもあるようです。

瑕疵担保責任について解説すると難しくなるので、簡単に説明すると家購入等の際に売主が買主に対して責任を負うことを言います。

ただし、責任の内容は売主が知らなかったり、見つけられなかったような大きな箇所でなければなりません。

例えば、気づかなかった雨漏り。柱がシロアリに食われていた。家が傾いていたなどです。これらを瑕疵(かし)といいます。

民法の規定によると買主が瑕疵を発見した場合には、瑕疵を知った時から1年以内であれば損害賠償請求や契約の目的を達することができない場合には契約の解除請求できるとされています。

ただし宅建業者が売主となった場合には中古住宅であっても最低2年間は瑕疵担保責任は負う必要があるとされています。

新築の不動産物件の場合において、売主が不動産会社(宅建業者)であれば住宅の基礎部分、柱、屋根、外壁などについては10年間瑕疵担保責任を負う必要性がでてきます。

不動産業者が万が一、倒産して瑕疵担保責任を履行できない状況を避けるために、買主に住宅を引き渡す際には保険への加入か保証金の供託が義務とされています。

売主は買主に対して、重要事項の説明や売買契約の際に保険と供託のいずれかの措置をとるのか説明することが求められていますので、しっかりと確認するようにしていきましょう。

ジョイホームでは今後も不動産用語等で質問があった際には解説を交えて説明していきたいとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る