ブログ

震災により賃貸物件の解約をする場合の注意点

熊本の震災により賃貸物件の解約をする場合の注意点をご紹介いたします。

熊本県内の不動産会社では、新規で不動産賃貸物件の申し込みをしたい方と、現在住んでいる賃貸アパート・一軒家やマンションを解約したいという問い合わせでかなりごった返しております。

新規の問い合わせに対応できないのは分かるのですが、実際に賃貸物件を借りて家賃を払っているにもかかわらず、

  • 水が出ないので生活できない
  • 水道の圧が低くて高層階の部屋には水が来ない
  • ガスや電気が来ないので生活に支障をきたしている
  • 外壁や内壁の亀裂やヒビが怖くてもう部屋に戻れない

など

さまざまなケースで賃料を無駄にしているケースが多発しているそうです。

かなりもったいないですよね。

実際困っている方がかなりいらっしゃいますので、お客様の代わりにお問合せしているのですが、物件次第で対応が違うみたいです。

  • 早期解約ペナルティーなしで応じてくださるオーナー及び不動産会社
  • オーナーの対応を待って判断する物件
  • 今解約したら○○ですよ。といって、なるべく解約させないように話を持っていく業者
  • 親切丁寧に、お客様の状況に合わせて説明してくださる不動産会社

など

いろんなところがあるようです。

お客様の目線に立って親切に対応してくださる業者ならよいのですが、ここぞとばかりに儲けることに目がくらんで。。。

ほとんどこのようなことはないともいますが、ないとも言えないので、万一のために当社もよく利用させていただいている、弁護士の方に初回無料で相談できる熊本の法テラスをご紹介しておきます。

困った方に手を差し伸べてくださる素敵な先生がたくさんいらっしゃいますので、震災により賃貸物件の解約をする場合に困ったらぜひご利用ください。

関連記事

ページ上部へ戻る