マンション・家の物件選びの流れ

マンション・家の物件選びの流れご紹介いたしますので、参考にしてください。

自分自身が住まいに求める理想像を想像しはっきり思い描くこと!

地域地区・広さ・築年数・間取り・部屋の数・日当たりのよさ・駅やバス停からの距離など、自身が求める優先順位を決めることが大切です。

将来のことを見据えて、5年・10年・20年後のライフプラン・ライフリスクを考えるといいですね。

価格を決める

ランニングコスト(維持管理費)・イニシャルコスト(初期費用)の全体をイメージし、将来の家族構成なども勘案しながら、無理なく住宅ローンを返せるプランを考える。(物件価格の上限を設定すること)

地域(校区)を決める

駅からの距離・職場からの距離・よく行く可能性があるスーパーからの距離を実際に歩いて、確認すること

地盤マップ・ハザードマップを活用して災害リスクもチェックすること

物件を決める

自身が実際に住んだ時のことをイメージすること

管理・管理会社について詳しく調べておくこと

管理規約・住宅性能評価書・長期修繕計画などを必ず確認すること

物件の資産価値を調べる

条件が似ている物件の賃料相場を数社の不動産会社から教えてもらうこと(住宅販売会社の方に聞くより、実際に不動産仲介をしているプロに聞きましょう)

過去の取引事例を確認しましょう。

 

ページ上部へ戻る